当院は、東海地方で1番最初に TAVIMitraClip を施行した施設です

TAVI

経カテーテル大動脈弁留置術

TAVI

大動脈弁狭窄症は、大動脈弁が硬化し十分に開かなくなる病気です。

TAVI は、胸を開かずに心臓が動いている状態でカテーテルを用いて人工弁を患者様の心臓に装着する治療法です。

MitraClip

経皮的僧帽弁クリップ術

MitraClip

僧帽弁閉鎖不全症は高齢者に多い疾患で、高齢化に伴い増加する傾向があり、状態が悪化すると心不全等を引き起こし、命に関わる危険性があります。

MitraClip は、外科的治療が困難な重度の僧帽弁閉鎖不全症の患者のための、低侵襲な経皮的僧帽弁接合不全修復システムです。

ASO

心房中隔欠損のカテーテル治療

ASO

中隔欠損とは、左心房と右心房を仕切る心房中隔に欠損孔と呼ばれる穴が開いている疾患です。

ASO は、胸を開かずに心臓が動いている状態でカテーテルを用いて欠損孔を閉鎖する治療法です。

ADO

動脈管開存症のカテーテル治療

ADO

動脈管開存症とは、心臓から肺へ血液を送る肺動脈と心臓から全身へ血液を送る大動脈が細い動脈管によってつながっている疾患です。

ADO は胸を開かずに、心臓が動いている状態でカテーテルを用いて欠損孔を閉鎖する治療法です。

当院の業務実績(2018.3.26 更新)