DEPARTMENT

診療科・部門
診療科・部門

24







薬局

特徴
患者さまが安心して薬物療法を継続できるよう
サポートします
業務への取組みについて

当院薬局は2014年4月に体制を一新し、外来患者さまにお薬をお渡しするだけでなく、入院患者さまのお薬の管理・説明についても、私達薬剤師が積極的に関わらせて頂いています。当院に来られたすべての患者さまが、安心して安全にお薬を内服・使用できるよう、薬剤師および薬局スタッフ全員が「目の前の患者さまを大切に」の精神を持って業務に取り組んでおります。

薬薬連携で積極的に地域とつながる

今後、薬剤師が貢献できることとしては「避けられる再入院を減らすこと」、および「患者さまをつなぐこと」が挙げられます。循環器疾患の二次予防について、薬物療法は特に有効性が高いので、避けられる再入院を極力防ぐために、良好な服薬アドヒアランスを継続できるよう、多面的にアプローチしていきます。それと同時に、医師・看護師・理学療法士等と積極的に意見交換しながら、患者さまに最適な薬物療法を提供できるよう努力していきます。
また、患者さまが退院後、ご紹介いただいた医療機関に通院される場合は、「薬薬連携」が重要であると考えています。入院中の薬物療法が継続できるよう、医療機関および保険薬局に対して「患者さまをつなぐ」ための情報提供をして参ります。特に心不全の患者さまについては、今後増加の一途をたどることが予測され、さらなる地域医療連携の充実が求められます。私たち薬剤師も、他施設のスタッフの方々と積極的にコミュニケーションを図っていきたいと考えています。

基本方針

患者さまが安心してお薬を内服できるよう、薬剤師および薬局スタッフ全員が「目の前の患者さまを大切に」の精神で業務に取り組んでおります。

  • できる限り「院内処方」でお薬をお渡しします
  • お薬のことで分からないことがあれば何でもご相談をお受けします
  • 入院患者さまのお薬の管理、および説明も積極的に取り組みます
  • 自己研鑽に励み、質の高い薬剤師業務ができるよう努力します
業務内容
外来患者さまに対して

患者さまの利便性および副作用の重篤化防止を図るため、原則院内処方とし、薬物療法を安心して継続頂けるよう患者さまの要望に沿った説明をさせていただいています。また、アドヒアランス向上のために一包化調剤(一度に内服する薬剤をひとまとめにしてお渡しする方法)も積極的に実施しています。

入院患者さまに対して

狭心症・急性心筋梗塞等の虚血性心疾患症例を中心に、薬剤師が患者さまの安全な薬物療法をサポートし、退院後の生活を見据えた服薬説明を患者さまご本人だけでなくご家族を交えて実施しています。

その他のお問い合わせに対して
他院での処方薬や、健康食品・サプリメントなどとの飲み合わせ、お薬を飲み始めて気になったことなど、様々なご質問も承っています。 患者さまから薬剤師にお問い合わせ頂きやすいよう、薬局への直通番号を新設しました。下記薬局への直通ダイヤルまで遠慮なくご相談下さい。
電話受付時間
0532-37-3535
電話受付時間
平日 8:30 〜 18:00 / 土曜日 8:00〜12:00
実績
薬剤管理指導業務実施件数

3,918件(2018年度)

活動報告
論文投稿

芦川直也、渡邉操、土井崇、川根誉代、佐合裕子:ミニメンタルステート検査(MMSE)に基づいた認知機能評価と服薬管理方法との関連性の検討 日本病院薬剤師会雑誌 2018; 54, 403-8.

執筆
  • 芦川直也:副作用早期発見プラクティカルガイド(調剤と情報2019年1月臨時増刊号)「抗凝固薬, 抗血小板薬」
学会発表
  • 芦川直也(共同演者):心不全症例におけるミニメンタルステート検査(MMSE)による認知機能評価に基づいた服薬管理の有用性 第22回日本心不全学会学術集会
  • 岡祐介:当院における低用量トルバプタンの有用性の検討 日本病院薬剤師会東海ブロック・日本薬学会東海支部合同学術大会2018
  • 川根誉代:高齢者に対する直接作用型経口抗凝固薬(DOAC)投与の安全性の検討第28回日本医療薬学会年会
  • 芦川直也:これって、利尿剤抵抗性?そのとき薬剤師はどう介入するか?【シンポジウム;生命を縮める病気“心不全”に薬剤師はどう介入すべきか?】 第28回日本医療薬学会年会
  • 川根誉代:高齢者に対する直接作用型経口抗凝固薬(DOAC)投与の安全性の検討 第83回日本循環器学会学術集会
講演・講義
  • 芦川直也:PCI後の薬物療法 CVIT2018
  • 芦川直也:カテーテル治療に関連した薬剤 CCT2018
  • 芦川直也:循環器疾患症例に対する薬学的アプローチ「ポリファーマシー・アドヒアランス・抗凝固薬」 愛病薬東三河支部研修会 2018.11
  • 芦川直也:服薬アドヒアランス向上にむけた薬剤師の取り組みと成果 中小病院実践セミナーin NAGOYA 2019.2
薬剤師採用

当院では、「目の前の患者様を大切に」の気持ちを持っていただける薬剤師さんを募集しています。
病棟薬剤業務の実施を見据えての増員です。ご興味のある方は、一度見学にいらしてください。